出力・看板用語集

ホーム > 出力・看板用語集 > 出力、わ行

出力・看板用語集

出力、わ行

ワイド判

いわゆる雑誌などで使われているAB判サイズで、天地の長さがB5判の縦寸法(257 mm)、左右の長さがA4判の横寸法(210 mm)となる。

ワイプング

彫刻凹版などの印刷において、版面に着けた余分なインキを拭き取ること。凹版輪転印刷機においては、インキ着けされた版面がワイピングペーパーの巻き取り紙にこすられて版面の過剰インキが除去される。

和紙

主な原料は、三椏(ミツマタ 沈丁花科)、雁皮(ガンピ沈丁花科の落葉樹木)、楮(コウゾ 桑科の樹木)。日本の伝統的な手漉き紙で、産地の名前がつけられた多種の和紙がある。また、手漉き紙の他、機械すき和紙もある。

割付け

文字や写真・イラスト、図、表、写真などの配置、大きさ、色などを印刷企画に従って、指定すること。
もしくは、その内容を表示するもの。

割付け用紙

書籍・雑誌、カタログといった、文章や写真・イラスト、見出しの割りつけに使う為の用紙。
頁物のになると、見開きニ頁分を1枚と考える。
実際につくるものよりひと回り大きい用紙に、仕上がり線や裁ち代が印刷されている。
定期刊行物などは、版面、ノンブル位置なども決まっている為、市販のものを使わず、あらかじめ印刷しておく割付け用紙を使う場合が多い。
薄藍が刷り色として使われる。

ワンタイムカーボン紙

カーボン原紙にカーボンインキを全面塗布して作った複写紙であり、1回ごとの使い捨てである。

ワンプ

用紙を包装する紙で、紙質が強いうえ防湿性をもつ。

ロールコレーター

丁合い機の一種類で巻き取り状の用紙を複数枚重ねる機械。おもにフォーム印刷の製品仕上げに用いる。

出力・看板用語集一覧に戻る

カテゴリから探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機のご紹介

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS