ホーム > 出力・看板用語集 > 看板、ま行

出力・看板用語集

看板、ま行

マグネットシート

磁気シート。出力やカッティングシートを貼り付けたり、軽量のプレートと貼り合わせたりする。

マスキングテープ

粘着が弱めの剥がし易いテープ。仮止めに使う。

マンセル値

米国の画家マンセルが考案した色の表示法。色相・明度・彩度 に従い、色相を10分割し、さらにその1つの色相を10分割する。 それぞれの色相記号に1から10までの数字をつけて色相を表示する。

マーキングフィルム

塩ビ粘着シートの事で、看板面に施すのに用いる。カッティングシートという呼び名が一般的に浸透している。

見え寸

看板製作において"見え寸"とは、看板の枠にプレートをはめた際、枠に隠れず見える(可視)プレート部分のサイズを指す。

磨き仕上げ加工

アクリル板からのこぎりなどで任意のサイズに抜き出した(カット)後、カットした面をつるつるに磨き上げる加工のこと。パネルや看板製作の際、カットした面にもシートを貼り込む場合、この加工がしてあることによりシートの粘着性を上がり、カット面にもしっかりとシートを貼り込むことができる。

水貼り施工

ガラス・アクリル・アルミ複合板等にフィルムを貼る際、霧吹き等にいれた(洗剤)水を吹きかけてから貼り付ける施工方法。フィルムの性質として、水が入ると伸び、乾くと元に戻る性質を利用した施工手法。水が入ってる状態だとフィルムを動かしながら貼り込むことが出来るので、位置合わせが容易になる点が特徴。貼り込んで位置が固定されると、乾いてもそのままの状態で掲出できる。

道板

足場や脚立の間に掛ける板のこと。高いところで横の移動もできるようになり、作業効率がアップします。

ミーリング加工

除去加工法の1つである切削加工であり、機械加工の中でも代表的な加工方法です。ミーリング加工では、切削工具を高速で回転させて、置き台もしくは回転軸に固定した工作物を削っていきます。 角もの・箱もの・板金・丸もの、といったように様々な形状の工作物を加工することができるのが、ミーリング加工の大きな特徴です。その他の特徴としては、仕上がりが綺麗であることや不良品が少なめであることもあげられます。そのためミーリング加工は、特に寸法精度が必要な精密部品加工で用いられます。

目地

ボードやブロックの継ぎ目

面取り

アクリル板、アルミ複合板等の角を落とす事。

木ねじ

ドライバーや、インパクトドライバーを利用して、ねじ込んで固定する為のねじ。

モルタル

セメントを砂と水で練った物。コンクリートに砂利を入れない物。表面の仕上げをする場合はコンクリートよりもモルタルの方が向いているが、繋ぎ(骨材)が無い為強度は劣る。また重量を稼がないため、基礎には不向き。

出力・看板用語集一覧に戻る

出力屋さんからのお知らせ

●夏季休業期間の対応について
2024年07月19日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年07月11日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年07月05日
「パネル」の出力事例を追加しました。
2024年06月28日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年06月24日
「壁」の出力事例を追加しました。

カテゴリから探す

素材から探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機・加工機のご案内

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS