ホーム > 出力・看板用語集 > な行出力 > 抜き型

出力・看板用語集

抜き型

単にヌキとも言う。各種紙器など直線断裁でできない形状のものを作る場合、打ち抜き型を作り、トムソンなどの機械を使って加工する。型の基盤にベニヤの合板を使い、仕上がりの形状には切り刃を、折り曲げ部分にはスジ押し刃をベニヤの溝に組み込んで作る。溝は精度を上げるためにレーザーカットが使われる。抜き打ち用の刃型。(「印刷用語辞典」日本印刷出版株式会社より)

出力・看板用語集一覧に戻る

出力事例

オンデマンド印刷のご案内

カテゴリから探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機・加工機のご案内

出力屋さんからのお知らせ

2019年12月04日
「ガラス用マテリアル」の出力事例を追加しました。
2019年11月17日
「壁用マテリアル」の出力事例を追加しました。
2019年11月05日
「ガラス用マテリアル」の出力事例を追加しました。
2019年10月10日
「ガラス用マテリアル」の出力事例を追加しました。
2019年9月1日
「車両用マテリアル」の出力事例を追加しました。
2019年8月11日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS