ホーム > 出力・看板用語集 > ま行看板 > 水貼り施工

出力・看板用語集

水貼り施工

ガラス・アクリル・アルミ複合板等にフィルムを貼る際、霧吹き等にいれた(洗剤)水を吹きかけてから貼り付ける施工方法。フィルムの性質として、水が入ると伸び、乾くと元に戻る性質を利用した施工手法。水が入ってる状態だとフィルムを動かしながら貼り込むことが出来るので、位置合わせが容易になる点が特徴。貼り込んで位置が固定されると、乾いてもそのままの状態で掲出できる。

出力・看板用語集一覧に戻る

出力事例

オンデマンド印刷のご案内

出力屋さんからのお知らせ

2022年09月29日
「ガラス」の出力事例を追加しました。
2022年09月22日
「床」の出力事例を追加しました。
2022年09月15日
「ガラス」の出力事例を追加しました。
「壁」の出力事例を追加しました。
2022年09月08日
「電飾看板」の出力事例を追加しました。
「床」の出力事例を追加しました。
2022年09月01日
「ガラス」の出力事例を追加しました。
「壁」の出力事例を追加しました。

カテゴリから探す

素材から探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機・加工機のご案内

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS