ホーム > 出力・看板用語集 > さ行出力 > 四六判

出力・看板用語集

四六判

JIS規格外の原紙寸法で、788 ×1091mm。
主に本の仕上げ寸法として使われる。四六判原紙を32面に断裁して化粧断ちすると、ちょうど横4寸×縦6寸になったことから、四六判と呼ばれるようになった。
出版社等によって四六判の寸法には微妙な違いがあるが、およそB6判よりやや大きい130 ×190mm。

出力・看板用語集一覧に戻る

出力事例

オンデマンド印刷のご案内

出力屋さんからのお知らせ

●夏季休業期間の対応について
2024年07月19日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年07月11日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年07月05日
「パネル」の出力事例を追加しました。
2024年06月28日
「非電飾看板」の出力事例を追加しました。
2024年06月24日
「壁」の出力事例を追加しました。

カテゴリから探す

素材から探す

ご利用ガイド

オンデマンド印刷のご案内

出力機・加工機のご案内

情報セキュリティ

運営会社である株式会社アドサービスはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しています。
ISMS